StoreManagerGX

棚割基本操作

どなたでも簡単に棚割りを作成できます。

棚割の管理
 

本部棚割(本部が店舗に指示する計画棚割の事)に、複数の採用店舗を割り付けることができます。
本部棚割で管理することで、商品の取扱有無、フェース数、配荷数などの集計が簡単にできたり、チェーン単位で必要なすべての本部棚割について一括して帳表出力することができます。

また、棚割モデルIDを利用して棚割モデルを管理することで、前回モデルとの比較や棚割モデルの検索が簡単になります。


 

様々な形状のゴンドラを再現

多段だけでなく、平台や雛壇を作成することができます。
また、リーチインのような特殊な什器も、棚板の設定で表現することが可能です。
カセット什器を使えば、ゴンドラ内にある、小さな陳列物を棚割することができます。

商品の検索と、ゴンドラへの配置

棚割する商品は、品揃え画面から商品名称や、メーカー名称で検索することができます。
単品のJANコードが分かっている場合は、品揃え画面を開かなくても、JANコード検索で簡単に商品を呼び出せます。
複数のJANコードも、コピー&ペーストで、簡単に商品を品揃えできます。

作業スペースには、品揃え商品や、カット商品がそれぞれに表示されるので、追加候補商品とカット商品が混在せず作業しやすくなっています。

品揃え分析は、売上情報を利用して棚割モデル編集時の商品品揃えを支援する機能です。
該当のカテゴリーで、まだ陳列されてない商品を商品力の高い順に並べることによって、簡単に品揃えに追加することができます。

品揃えマトリックスは、縦軸、横軸の分析軸を任意に設定し、クロス分析ができます。

直観的な操作

移動・フェース増・カットなどの基本的な棚割編集は、マウス操作、キーボード操作、ショートカットキーに対応しています。
フックや、カセット什器、重なり配置や圧縮配置など、多彩な陳列に対応していますので、実棚に近い設定をすることができます。

ロック機能を使えば、棚割変更時に誤って削除してしまうことを防げます。

機能 マウス操作 キーボード操作
移動ドラッグ&ドロップ
(キーボードの上下左右キー)
Ctrl + M
複写商品を選択したさいに表示させる+をクリックCtrl + C
削除DeleteBox(カットスペース)にドラッグ&ドロップDelete
元に戻すCtrl + Z
やり直しCtrl + Y
操作の一例

商品の積み上げ

商品の陳列面変更・回転

ジャンブル陳列

ケース陳列


 
店頭の販促物を再現

販促物には、貼付販促物と、陳列販促物がありますので、用途に応じて使い分けできます。
また、シェイプや、商品コメントを使えば、棚割を作成した後に、モデルや商品に注釈をつけることができます。

陳列状態を総合的に評価

スペース構成は、分析対象商品の占める陳列スペースの割合を算出し、ランクに分けて表示します。
追加カットは、前期の棚割モデルや他店の棚割モデルなどを比較元モデルにして、追加された商品や増減のあった商品の分布を表示します。

棚割を3Dで表現

商品の陳列だけでなく、販促物を配置した提案も3Dで作成できます。エンドの提案に最適です。

複数棚割の一括編集

複数の棚割を対象にして、一回の操作で一括して候補商品を追加したり、カット対象商品を削除することができます。
リニューアル商品が生じた際には、一対一で商品改廃(陳列場所での商品入れ替え)を、一括して行うこともできます。

自動棚割

最大陳列パターン上にゾーニングを定義することによって、POSデータ、新商品の定番品に対する販売期待割合、フェース弾性値などの情報から算出された商品力を用いて、任意の複数の縮小パターンを自動生成することができます。
自動生成された棚割のゾーニングが不適当であった場合には、ゾーニングを手動で整え再度自動棚割を実行させることによって、ゾーニングを尊重しつつ売上が最大となるような棚割を生成できます。

製品の問い合わせ
トライアルのお申込みはこちらから