StoreManagerGX

データの管理

棚割に必要なデータの種類

GXの利用を始めるには、チェーン情報、売場情報や商品情報を整備する必要があります。さらに商品をグルーピングするためのメーカー、ブランド、商品分類、商品属性などのマスターの整備も必要です。
これらのマスター情報は、「マスター管理オプション」でメンテナンスすることができます。
商品情報とPOS情報については、ストマネPLUSサービスをご利用ください。

データの交換方法

GX同士のデータ交換はもちろん、PTSやプラネット形式に対応していますので、他棚割ソフトや、外部システムともデータ交換することができます。
データ交換方法は、「インポート」「エクスポート」機能を使って行います。

お取引先チェーンへの棚割提供方法(StoreManager)

お取引先チェーンがStoreManagerをご利用の場合は、再現性の高い専用ファイルで棚割情報や商品情報を提供できます。
お取引先チェーンが棚割投稿サービス「Tanawariぽすと」をご利用の場合は、サービスにログインして依頼された棚割情報と商品情報を提供することができます。(発注に先駆けて採用された棚割情報の開示を受けられ、生産の準備や商品の手配に役立てることもできます。)

製品の問い合わせ
トライアルのお申込みはこちらから