StoreManagerGX-R

フロアの管理・分析

店舗構成の時系列管理

店舗構成は、時系列に世代管理ができます。店舗構成と棚割の時間軸を合わせた紐づけが可能です。
なお、本部計画棚割と店舗実施棚割の両方が存在する場合は、店舗実施棚割が優先されます。

Office ライクな操作で、フロアレイアウト作成

JPGもしくはBitmapを下絵に、Officeライクに店内領域、ゴンドラ、レジなどのオブジェクトを配置します。
また、配置したゴンドラに棚割モデルを割付けて、フロアレイアウトを完成させます。

ゴンドラ番号と棚割モデルIDの割付け

棚割モデルIDに店毎のゴンドラ番号を割り付けることができます。
割付けられたゴンドラは、位置とレーン番号の情報が付与されます。
この情報を他システムに渡すことで、通路別納品やネットスーパー等のピッキングリスト作成に役立ちます。

店舗構成分析

店舗レイアウトに店舗のPOSデータを割り付けて、
フロア→ゾーン→棚割→ゴンドラ→単品のスペース効率分析をすることができます。
分析結果がビジュアルに表現されますので、売場の改装計画などに役立ちます。

製品の問い合わせ
トライアルのお申込みはこちらから